お墓の引っ越しをするには?

墓地が遠くてお墓参りに行きにくいなどの理由で、お墓を移転することを改葬と言います。
改葬を行うには、石を実際に移動するハード面と、事務手続きやお魂抜きなどのソフト面と、両面の作業が必要になります。

まずは、移転元の菩提寺に改葬の旨を伝えることからスタートします。 その際、長い間挨拶がなかった場合は、お布施を包むのがマナーです。 お布施を包まないと、それまで、盆、彼岸、年忌などで 挨拶をしてなかったことと併せて、感情的な縺れを生んでしまいます。
無用なトラブルを避けるよう、普段からお寺さんとのお付き合いを 欠かさないようにするか、そうでない場合はお布施を用意するようにしましょう。

お役所に行って手続きをする

次に、お役所に行って移転先の墓地の「受入証明」と「墓所使用許可書」をもらいます。 その後、移転元に、埋葬または埋葬証明書を出してもらいます。

それが済んだら、次は役所に行き、「改葬許可申請書」を発行してもらいます。 その後改葬許可申請書を持って、移転元の墓地に行き、 必要事項を記入し、押印をもらいます。

すべての記入が済んだら、 移転先の役場に、「改葬許可申請書」と「受入証明証」と 埋葬または埋蔵証明書を提出します。 すると、移転先の役場から「改葬許可証」が発行されます。 それを移転先の墓地に提出して事務手続きは完了です。

申請、交付の際に注意するポイント

(1)役所で交付を受けた改葬許可証が「証明書」や「写し」でないかを確認すること。
 …許可証でないと改葬先で受け付けられません。

(2)申請書をそのまま許可証にかえて捺印される場合があるため 下記の事項が記入されているか確認すること。

その他お墓の引越しに関する注意点や具体的な流れは実際に必要な方は観てもらうといいでしょう。