墓地の種類はいろいろある。

墓地は、運営母体がお寺の場合は、「寺院墓地」、民間の場合は、「民営霊園」、地方公共団体(都道府県、市区町村など)の場合は「公営霊園」の3種類に分けることができます。
それぞれの内容をご紹介します。

定番の寺院墓地について

お寺が運営する「寺院墓地」は、檀家になる、あるいは、同じ宗派でなければなりません。 しかし、住職が常駐しているため、法事などのお願いができたり、管理面での安心感が大きいといったメリットもあります。 もし普段からお付き合いのあるお寺さんがあれば、気軽にお墓の相談に乗ってくれることでしょう。

デメリットとしては、檀家になることによって、お布施などの負担が発生することや、お寺によっては 墓石のデザインに制限がある場合があること、空きが少なく、宣伝も行っていないため、空きをみつけるのが困難であることなどが挙げられます。

宗派を問わない民営霊園

檀家になることや、宗派に制限があることが困難な場合、「民営霊園」の選択を考えてみるのもよいでしょう。 民営とは、財団法人、社団法人、非営利の宗教法人、公益法人などが許可を受けて民間に管理を依頼していることを指します。 なお、宗教法人でも、宗旨宗派を問わずに販売されている場合は、民営として区分されます。

メリットとしては、先に述べたように、檀家にならなくてもOK、 宗派も問わないところが多いこと、区画面積や墓地デザインに 制限がないこと、生前墓を建立することが可能といったことが挙げられます。

また、デメリットとしては、石材店とセットで販売されていることが多いため、お墓の購入時に石材店を指定されていること、永代使用料・管理費といった費用が高めに設定されていること、管理面で、母体の経営状態を反映するため、寺院墓地のような安定感に欠けることが挙げられます。

安心した管理を重視するなら公営霊園

管理面、費用面の安定を求めるのであれば、「公営霊園」を探してみるのもひとつの手です。 自治体が運営しているため、管理面での安定はバッチリ。料金も、民間よりも安く設定されており、宗派や、石材店を指定されることもありません。

しかし、購入する際に、抽選があり、その競争率が高いこと、区画の指定があり、その場所にしかお墓を建てられない、生前墓が認められないといった、デメリットもあります。