墓地と霊園の違いは?

墓地に入るには、その墓地を管理しているお寺の檀家になる必要があります。 檀家になるということは、その宗派に帰依することでもあります。 お墓を管理してもらう代わりに、法要がある場合は、 継続的にそのお寺さんにお願いし、その費用を払う必要があります。 また、お寺さんの改修や行事の際には、寄付を行うこともあります。 つまり、檀家はお寺さんの運営における構成員として、 活動に積極的に参加し、支援していくことが求められているのです。

一方、霊園の場合は、財団法人や宗教法人に委託をされた民間の業者が管理しているため、檀家になる必要はありません。 ただし、霊園を管理しているのが宗教法人の場合、 霊園内での祭祀をその宗旨で行うことを指定されることもあります。 また、永代供養料として、墓地よりも、比較的高めの費用がかかります。

実際に利用するときの違いは?

申込方法についても異なります。 墓地は、空きが少なく、宣伝も行っていないため、 空きをみつけるのが困難です。 霊園は、数が多いため、区画に空きがあれば、いつでも申し込みができます。

立地については、どちらもいろいろな場所にあるため、 墓地までの所要時間や、交通の便、駐車場からの距離や地形の勾配なども考慮して、 自分の都合のよい場所を選ぶことが大切になってきます。
基本的には、一度建てた墓地と、ずっと付き合うことになりますから、 都合のよい墓地の場所を選ぶことで、 お墓参りが億劫になってしまうことを防ぎ、 こまめにお墓参りをすることが可能となります。